太陽光発電の意味を理解しました

私は実際、政治家でもなんでもないので、今後原発に取って変わる電力がどうなるのかは分かりませんが、最近流行の太陽光発電や、風力発電、買っておくなら今のうちという計算システムを、やっと理解出来ました。

というのが、例えば私が50歳として、20年1000万で買うとしましょう。土地代、全て込みです。

月に10kwで、5万くらいとかなり大ざっぱですが、太陽が出ている間は、お金は至急される、これって、取りあえず、太陽光発電を残す人がいるいないは置いておいて、自分が50から70の間に1000万を払って、その分の太陽光のお金を支給してくれるというシステムなのですね。

だからローンで買ってしまうと意味がありません。

一括買いが出来ると、かなりの利益を生み出すというのが、太陽光発電です。

例えば、利回りは下がらないという事は、まだ市場として成り立っているという事ですから、風力発電もありますし、自分が20年間、固定にしておいて、その間、払える金で買っておくと、入ってくる金額はともかく、絶対に20年間はいくらか入ってくるよというシステムです。

これを考えた私の年を暴露する気はありませんが、まあ中年になると、大きいものだとは思いました。